無料ブログはココログ

« 猛暑つづき | トップページ | トマトスープなど・・・ »

2018年7月15日 (日)

イサム・ノグチ― 彫刻から身体・庭へ―展

初めて「東京オペラシテイ アートギャラリー」へ出かけた。新宿から京王線に乗ったのはたぶん二回目。
京王線を目指して歩いていたのになんと初台へ行く京王線は乗り場が違っていた。ギャラリーは駅から直結しているので迷うことはないけれど初めて行くところは結構緊張する。
真ん中に広場がある建物だった。
Dsc_5208
エスカレーターで3階だったかしら・・・
Dsc_5207
イサム・ノグチはずいぶん多方面で活躍した人。その彫刻作品はとても好きだけれど今回印象に残ったのは最初の展示室にあった「北京ドローイング」といわれる若い時に日本に来る途中に立ち寄った北京で制作した毛筆による身体ドローイングだった。
四国高松にある庭園美術館には行ったことがあるのだが、やはりNYの庭園美術館に行ってみたい。
13時から開催記念トークがあるのでそちらの会場へ移動した。山手通りの信号を待っていたら高速道路が4重?高架になっている。外国人が写真を撮っていたので気が付いた。
Dsc_5210
新宿パークタワーの会場はほぼ満席。内容は主にノグチの人柄をそれぞれ(展覧会コラボレーターがが思い出とともに)語るようなものだった。
それぞれの思い出がありすぎるし、なんとなく散漫な感じで終わった。

« 猛暑つづき | トップページ | トマトスープなど・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/66943691

この記事へのトラックバック一覧です: イサム・ノグチ― 彫刻から身体・庭へ―展:

« 猛暑つづき | トップページ | トマトスープなど・・・ »