無料ブログはココログ

« カスヤの森現代美術館~金井田英津子挿画の仕事展~ | トップページ | 猛暑つづき »

2018年7月 5日 (木)

中銀カプセルタワー見学と根津美術館

カルチャーセンターの催しで見つけた「中銀カプセルタワーの見学会」に参加した。だいぶ前から取り壊すということがニュースで報じられているが、保存活動をしている方もあって依然として建ち続けている。あまりにも話題になったのでいつか行ってみたい・・・中を見学したいと思っていたらこの催しを見つけたので早速申し込んだ。
中銀は取り壊したいので手入れをしておらず、ビルの名前の字が・・・プやビが・・・かわいそうなことになっていた。
Dsc_5178
 
高速道路が迫っているので全貌が撮れない。
Dsc_5179
 
少し離れたところへ行って外観の説明を聞いた。解説してくださるのはこのビルの保存を望み、すでにいくつかのカプセルを私有している方だった。私たちのグループのほかにも外国人のグループが見学に来ていた。設計した黒川紀章さんは外国でとても評価の高い方のようだ。日本では最晩年に東京都知事選に出馬したりして好感度はいまいちらしい。
Dsc_5180
 
高速道路をまたぐ歩道橋を渡って汐留の方に行くと全体が良く見える。丸い窓はどうやら茶室をイメージしているらしい。
Dsc_5184
 
ビルに使われているアスベストのこともあり、保存も大変、壊すも大変ということになっている。
ほぼ当時のままになっている部屋も見せていただいたが何といってもキッチンスペースがないのがちょっと厳しいがホテルのように使う分には問題ないのかもしれない。今はビルの一階にはコンビニもある。
また、見学会があったら行ってみたい。
新橋からバスで西麻布へ。根津美術館まで歩くのが最近の私のルートだ。なぜなら、混雑する表参道駅とそこから根津美術館までの歩道も狭くて歩きずらいので静かでほとんど人も歩いていないこのルートが気に入っている。そしてバスから見る風景も気に入っている。新しいビルがどんどん建っているがまだまだ電信柱の残っている路地などが見えるのもいい。
根津の展示は漆の装飾と技法という副題が付いている「はじめての古美術鑑賞」。
なかなか良かった。庭園にへの出口に短冊が付いた竹飾があった。
来観者は入り口に置いてある短冊に願い事を書くことが出来るようになっていた。
Dsc_5185
庭園は緑が深くなり大変美しかった。深い緑が池の水面に映りそれがまた美しかった。
Dsc_5189
藤棚には藤の実がたくさんついていた。
Dsc_5192
 
展示室6「季夏茶の湯」は名水点ての趣向だった。なかでも黒楽茶碗「伝山田宗偏(行人偏が正しい)」作が出品されていたのがうれしかった。なんとなく、特別な愛着を感じる。
 

« カスヤの森現代美術館~金井田英津子挿画の仕事展~ | トップページ | 猛暑つづき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/66904327

この記事へのトラックバック一覧です: 中銀カプセルタワー見学と根津美術館:

« カスヤの森現代美術館~金井田英津子挿画の仕事展~ | トップページ | 猛暑つづき »