無料ブログはココログ

« 梅雨なのに真夏のような花たち | トップページ | 根岸の木造三階建て・・・ »

2016年6月30日 (木)

「ほほえみの御仏・・・二つの半跏思惟像・・・」展など

あっという間に半年が過ぎ去ります・・・東京国立博物館へ。

韓国国立博物館でゆっくりと誰もいない展示室で拝見したことはあるけれど、二つの御仏が並ぶことは初めてなのでやっぱり出かけてしまった。

2016622_003
中宮寺の半跏思惟像はずいぶんと大きい・・・2回お寺で拝見したけれどこんなに大きかったかしらとちょっとびっくりしてしまった。光背も素晴らしい。

ついでに平成館の古代ギリシャ展。

2016622_005
これは疲れた!アテネやクレタ島に行った時を思い出す。懐かしい・・・

東洋館にも行きたかったけれどあきらめる。上島珈琲店でお昼を食べたら元気になったので思い切って根津まで行くことにする。

弥生美術館まで歩いていたらこんな石碑があった。「弥生式土器発掘ゆかりの地」。

2016622_007
美術館では「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展。やっぱりなんかおどろおどろしい感じ。どうもこの美術館は苦手だ。

2016622_009
東大弥生門↓の反対側が美術館。

2016622_012
帰り道。見上げたら七夕の歌を書く葉・・梶の葉・・の梶の木があった。なんと実が付いている。実が付くことをはじめて知った。

2016622_015
まだ、歌を書くような大きさになっていないし、あの形にもなっていない。旧暦の七夕の頃にはあの美しい形になることだろう・・・

このあと、素敵な発見があったのだけれど長くなるのでこの辺で終わり。明日から7月。

« 梅雨なのに真夏のような花たち | トップページ | 根岸の木造三階建て・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/63849918

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほほえみの御仏・・・二つの半跏思惟像・・・」展など:

« 梅雨なのに真夏のような花たち | トップページ | 根岸の木造三階建て・・・ »