無料ブログはココログ

« 今日のごはん | トップページ | パリの四カ月~ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション »

2015年11月22日 (日)

樂美術館特別観賞茶会(11月)

11月8日のこと。

私が唯一、楽しく思っている茶会。「樂美術館特別観賞茶会」に行く。

今年は樂さんのところは文化財になっている樂焼を作る建物の修繕・・・というより柱だけ残してすべて壊して直しているとのことで、11月は黒樂を焼くことがお約束なのに壁が乾くのに時間がかかり、樂焼をすることが出来ないのではじめて11月の茶会が実現したとのご説明があった。因みに赤樂は1月に焼くそうだ。

この建物を壊す前にすべての道具を持ち出しがらんとなったとき、まるで待庵のようだったといわれた。う~ん、なるほど何となくわかる・・・

今日の町を焼き尽くしたといわれる天明の大火(1788.3.7に市街の8割以上が焼けたといわれている。これは応仁の乱の被害を上回るものだった。「宝永大火」と「元治のどんどん焼け」と並び京都の三大火という)以来のことで200年以上たっている建物に手を入れるのは大変な事業と思われる。

11月8日はお火焚き祭りとのことで、床には「神」一字に歌が書き添えてあるお軸と三宝に載せられたお火焚き饅頭(紅白)と小さな三角形のおこしが飾られていた。のちに、この三宝をおろして、ふるまわれた。

↓ちょっと他から写真をお借りして載せる。(この写真は↓樂家のものではない。)新米で作ったおまんじゅう(火)。三角のおこしはお稲荷さんへ(五穀)。ミカンは火を伏せる意味(水)があるらしい。

Photoお茶会の様子や道具は写真に撮れないので残念・・・一番記憶に残ったのはいつもそうなのだがご当代の若いころの茶碗だ。優しくて柔らかくて小さくて・・・そして今回は五代宗入の飴釉筒水指だった。まるでオランダのやきもののようなモダンな感じ。鉄刀木(タガヤサン)の茶杓も意外なものだった。

楽しい茶会のあとは今出川通りまで歩き、白峰神社前からバスに乗って河原町今出川まで行った。20151178_013
久しぶりに「李青」に行く。

20151178_016

野菜たっぷりのビビンパブとヨモギの韓国餅を食べる。すごくきれいだったのだが写真を取り忘れた!スープのお味もすごく良かった。

20151178_014
20151178_015
外へ出るとイヌビワ(多分)の紅葉が眼に入った。私はイヌビワの紅葉が大好き!

20151178_017
そうそう、李青特製のサラダドレツシングとコチュジャンを買った。重たかった!

20151178_026
続きはアートの方で・・・

« 今日のごはん | トップページ | パリの四カ月~ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/62645005

この記事へのトラックバック一覧です: 樂美術館特別観賞茶会(11月):

« 今日のごはん | トップページ | パリの四カ月~ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション »