無料ブログはココログ

« 箱根菜の花展示室コンサート | トップページ | 陶芸家伊集院真理子さんの工房へ »

2015年6月17日 (水)

欠庵会茶会(耳庵忌)松永記念館

2015年(平成27年)の松永安左ヱ門耳庵の忌日茶会は例年通り、小田原市板橋の松永記念館と老欅荘で行われた。曇り空で蒸し暑い一日だった。雨が降らなくて良かった。

2015616_004
参加者が100名を超えたと聞いたので(平素は40名くらいの時もあるが多い時でも70名くらいなのに・・・)、3年ぶりに老欅荘の「寄り付き」で担当する私は始まる前から絶望的な気持ちになっていた。

結局、終わってみればお菓子の残り数を勘定すると80名近い方を相手にしたことになった。そんなこんなで席中の記録写真を撮る事さえ忘れていたことに気付いたときはすでに床の道具を水屋へ運んでしまった後だった。

2015616_003
あわてて撮ったので曲がっている。田 健平の「天華」(墨絵)を中釘にかけ、林みちよの「蓮の葉」を置いた。香合はタイの民芸品「水鳥」。

田さんは若いころ、日本に来たばかりの頃は額縁を作っているところで働いたことがあるらしい。それでこの絵も自分で表装したと言っていた。

2015616_006
帰りに迎えの車を待っているとき、サルの軍団がやって来た。写真を撮ろうとしていたら私のすぐ後ろにもいた。

2015616_005
お昼のお弁当も運んでくれず、点心席に行く余裕のなかった私は結局昼食抜きで頑張ってしまった。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

釜:鉄桶型江戸末期

風炉:唐銅

水壺:高橋 禎彦作 ガラス

棗:欅溜大棗 紫陽花蒔 正良作

茶杓:銘「大欅」 耳庵作

茶碗:刷毛目 吉田 明作

他に、上の畑焼「トンボ唐草文安南写し」、野田芳直作 名「絹の道」、蔵珍窯「ラスター彩」

萩、野坂康起作「御本」、京都蔵六窯「金閣寺ふすま絵完成記念烏の絵」、手塚桐鳳作「波の絵」など

建水は竹、蓋置は白雲洞茶会記念品

菓子はサクランボ(すあま)、器は1800年代のバカラ製皿。御茶:丸久小山園銘「青楓」

腰掛けには小島良栄作信楽壺に高野槇を入れる。

« 箱根菜の花展示室コンサート | トップページ | 陶芸家伊集院真理子さんの工房へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/61756350

この記事へのトラックバック一覧です: 欠庵会茶会(耳庵忌)松永記念館:

« 箱根菜の花展示室コンサート | トップページ | 陶芸家伊集院真理子さんの工房へ »