無料ブログはココログ

« カスヤの森現代美術館「タケノコ御膳」 | トップページ | 陸さんの点心教室 »

2015年5月16日 (土)

認知症の記事

インターネットの記事で声優の大山のぶ代さんが認知症であることを夫の砂川啓介さんが公表したことを知った。誰にも知られたたくなかったといままで黙っていたとあった。その気持ちがすご~くよくわかる。20155915_004                 (韓国大邱の町を流れる川)

多分どんな病気でもそうだと思う。妹が余命ひと月の末期がんであることが分かったときもそうだった。誰にも話したくなかった。

母にいろいろな認知症の症状が出てきて困ったときでさえ誰にも話したくなかった。誰にもというのは親戚(母の兄弟姉妹など)やご近所の方。ケアマネージャーや介護の専門職の方々は別である。そういう人たちには相談できる。妹や姪たちにもずいぶん助けてもらっている。

どうしているかと思って・・と訪ねてくる親戚がいる。お母さんはどうしていらっしゃるのと聞く近所の人・・・こういう人たちが一番厄介だ。そっとしておいてほしい。ひとそれぞれ百人百様の症状とそれに対応する介護の仕方がある。こころの悲しみが大きい時、それをいちいち説明できない。第一、話を聞いて私に代わってくれるの?と言いたくなる。話をしても私の心はちっとも晴れないのだ。

この心の悲しみや苦しみは自分で耐えてやり過ごししかない・・・幸い素晴らしいケアマネージャーに出合ったのでずいぶん救われた。

平穏な時もあり、山があったり谷があったりする。良い時も、笑える日も。あほらしくなる時も・・・

20155915_025

                  (新潟県川口温泉を流れる川)

そういう煩わしさから解放されたくて内へ閉じこもる人もあるかもしれない。ときどき全く違う環境に身を置くことが大切な気がする。

家族のことを知らない人たちとのお付き合いはすごく楽。妹が病気になったときから辞めてしまったお稽古がある。母の具合が悪くなって中止したものもある。そして新しく始めたことがある。そうやってこの時期をやり過ごそう・・・

よりかからず・・・川のながれのように・・・

« カスヤの森現代美術館「タケノコ御膳」 | トップページ | 陸さんの点心教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/61599072

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症の記事:

« カスヤの森現代美術館「タケノコ御膳」 | トップページ | 陸さんの点心教室 »