無料ブログはココログ

« サラダ・・・と蕪寿し | トップページ | 根津美術館青山茶会など »

2014年12月16日 (火)

ピッツア作りの体験学習に参加

電車で20分くらいの近くの市の商工会議所が主催する体験教室に参加。イタリアンレストランで行われたピッツア作り。あらかじめ生地は作っておいてくださったので、シェフからの説明と手順を見習ってから、いきなり伸ばすところから始める。

2014129_001
イタリアの小麦粉で作った生地はよく伸びる。

2014129_002
みなさん上手。ブキッチョの最年長はハラハラし通し・・・

こんな風に伸ばせばOK

2014129_004
今日はマルゲリータをつくる。マルゲリータはナポリの生地が厚めのピッツァだけどもこちらのシェフはローマ風のパリパリ生地。ナポリでは生地が厚くいので手で回しながら作る。麺棒などで延ばさない。

トマトソースを手早く塗る。時間をかけると生地から染み出してしまう。

2014129_003
モッツアレラチーズを載せ。マキ窯に入れる。この大きなシャベル?みたいなものに載せるのが大変だった。窯はイタリアアンブロッジ製。薪はシェフ自ら秋から冬にかけてチェーンソーを持って山に入り、一年分のクヌギ、ナラ、桜、梅などの間伐材を貯木している。また、店内にはフィンランド製の薪ストーブがあり、温もりある暖かさを体験できる。

このシャベルのような道具に載せるタイミングが難しい。失敗したらよれよれになる。

2014129_008
薪窯に入れるのもなかなか難しい・・・

2014129_010
そして焼き上がると6等分に切って、バジリコを飾る。

2014129_014
2014129_016_2
完成した私の作品

2014129_012
参加者6人分が焼けたところでお食事タイム

サラダ(鯵のカルパッチョも)。緑や紫の大根、ブロッコリ、春菊など無農薬野菜がたくさん・・・

2014129_018
タマネギとツナのピッツア

2014129_019
シェフのマルゲリータ

2014129_020
豚ひき肉のボロネーゼパスタ(トマト味ではないがすごく美味しい。)

2014129_021
デザートはカボチャのプリン

2014129_022
非常にお値打ちの体験学習。
石窯というのは調理器具と考えてくださいというシェフの言葉に納得。本格的に生地から作りたかったけどまあまあ楽しい経験だった。

シェフは元プロカメラマンだった。1984年撮影で出かけたイタリアで薪窯焼きピッツアに出合い、ピッツアに魅了され、ニースのトラットリア ブセナで修業。1989年出身地にお店を開いた。シェフのもとで修業した人が最近、市内にレストランを開業したとか・・2013年リニューアルオープン。、長く地元で活躍している元気いっぱいの方だった。

« サラダ・・・と蕪寿し | トップページ | 根津美術館青山茶会など »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/60785473

この記事へのトラックバック一覧です: ピッツア作りの体験学習に参加:

« サラダ・・・と蕪寿し | トップページ | 根津美術館青山茶会など »