無料ブログはココログ

« 焼き菓子いろいろ | トップページ | サラダ・・・と蕪寿し »

2014年12月15日 (月)

カスヤの森現代美術館~作家を囲んでの茶話会~

横須賀市衣笠のカスヤの森現代美術館では開館20周年記念展「なぜ今ヌードなのか?絵画の主題《裸婦》展」を開催中。

12月初め作家の若江漢字さんのお話「自作を語る会」と美味しいお菓子とお茶の会が開催された。

美術館玄関ドアにはクリスマス飾り。

2014127_001
私の大好きなイヌビワの紅葉が半分ばかり進んでいた。

2014127_002
各地で雪がたくさん降っているニュースもあったがこの雲はすごい速さで動いて行った。雪の雲でなくてよかった。

2014127_004
新作の裸婦像の展示室内でお話のあとケーキとお茶で楽しいひとときを過ごした。

館長手造りのクグロフ。お庭の柚子ジャムが入っていて香りがとてもよかった。

2014127_008
フルーツティも美味しかった。

2014127_009
やはり、館長手作りのケーキがもう一つ。ホールの状態で撮ろうと思ったらもう分けられてしまった!「裏山に3本ある栗の木がたくさん実をつけたので渋皮煮にしたものを入れたのよ。ついでに取っておいたブランデーも入れたわ。」と館長からお話があった。ブランデーの香りはとても上品で美味しいケーキだった。
2014127_006
フルーツティが美味しくてお変わりの方続出・・・
2014127_007
相変わらず、若江さんのお話は難しいのだけれど、久しぶりに美術史の授業を受けているような気分だった!裸婦像はマルセル・デュシャンの「落下する水 照明用ガスが与えられたとせよ」からさかのぼり、ジョルジョーネの「横たわるヴェヌス」まで行くというお話から、昨今の経済ついての予見まで縦横無尽な話の展開だった。来年一月には巌谷國士(フランス文学者で批評家)さんの講演会もあるし、恒例の謡い始めの会もある。

« 焼き菓子いろいろ | トップページ | サラダ・・・と蕪寿し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/60785480

この記事へのトラックバック一覧です: カスヤの森現代美術館~作家を囲んでの茶話会~:

« 焼き菓子いろいろ | トップページ | サラダ・・・と蕪寿し »