無料ブログはココログ

« 10月のこと・・・再び根津美術館など | トップページ | 10月のこと~その2~銀座で現代美術 »

2014年11月18日 (火)

第14回松永記念館茶会

11月3日。文化の日。恒例となった小田原市の松永記念館で第14回松永記念館茶会が行われた。この日は週刊天気予報で雨が心配されたが幸いに好天に恵まれた。湘南マラソンと同じ日なので西湘バイパスが閉鎖されるのでちょっと困るのだが・・・

20141116_011
お庭にはクチナシがたくさん実をつけていたし、お茶の花も咲いて、紅葉も少し・・・

20141116_003
20141116_004
20141116_005
南天の実も赤くなり

20141116_006
いろいろな照り葉

20141116_007
私は相変わらず野点で、「私のキッチンへようこそ」がテーマです。思いがけなくお天気も良かったせいかものすごくお客様がお見えになり、お菓子がなくなるお席も現れ、小さな「あん栗」というお菓子を100個持って行った私の席に最後は行列が・・・なんと87名のお客様にお茶をお点てしたことになりました。そのせいかお席の写真をとるひまがなくてこんなものしかない。そのうち、小田原市郷土文化館のHPに当日の写真がUPされるかもしれませんが・・・

20141116_009
↑は最後、かたずける寸前に撮ったので毛氈に落ち葉や線香の灰が落ちたまま。これらをきれいにする間もなく・・・結界がゴボウの彫刻だったのに写っていない。

ヤカンはヨーガン・レールのもの。先日お亡くなりになりました。残念です。銅製で叩きの部分はインドネシアで作らせ、ツルとツマミはステンレスで日本製。風炉は三原研のもの。敷き板にしたものは栗のまな板。食卓でチーズなどを切ったら素敵・・・

↓お盆はセンという木で作ったもの。嘉門工芸。茶碗は光藤佐作の多分ご飯茶わん。茶入れは瀬戸晋さんという作家のシナノキで作った蓋物を見立てた。茶杓はこの蓋物の上に置いて座りが良かった田代道哉(祭風洞)作。銘は「野々宮」。数茶碗は木俣薫作の斑唐津とアロン・サイスの織部の茶碗を5客づつ使った

20141116_010
毎年来てくださる方もいてうれしくなる。今年は記念館の改修工事中なので。下の方は私の野点席、烏薬亭(裏千家・・小田原の方)、葉雨庵(表千家・・平塚のかた)の三席。老欅荘の中に1席(手作り和菓子の会)と黄梅庵跡で足柄茶ラボさんの煎茶の野点の5席。

母のことは姪に頼んだので心おきなくおもてなしに専念出来てよかった。

« 10月のこと・・・再び根津美術館など | トップページ | 10月のこと~その2~銀座で現代美術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残念!私もお邪魔したかったわ。
秋の記念館はまた格別ですものね。

ヤカンと風炉、いいなあ~
見立てがいいですね、歩かないと見つからないですか・
来年の何かの時に再演されてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/60667619

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回松永記念館茶会:

« 10月のこと・・・再び根津美術館など | トップページ | 10月のこと~その2~銀座で現代美術 »