無料ブログはココログ

« 2014年の始まりに・・・ | トップページ | 藤沢市の旧近藤邸 »

2014年1月 7日 (火)

七草粥

仕事している時は七草粥を作る時間がなくて(朝は忙しいし、お弁当も作るから粥では困る)七草粥には縁がなかった。昨日農協の売店で地元の農家が栽培した七草のセットを販売していたので買い求め、作ってみた。

だいぶ前に台湾のホテルで買った十二支の飾りの下で七草を・・・

201417_001

出来あがりはこんな具合

201417_007
お餅を入れることが決まりみたいだけどお餅は入れなかった。一合のお米を母と二人で食べきれないほどだったので。お正月のご馳走で疲れた胃をいたわり、体の毒を排出するために食べるようだがごちそうは食べていない。けれど七草の緑の清々しさは気持ちを爽快にさせてくれ、元気になるような感じがする。

« 2014年の始まりに・・・ | トップページ | 藤沢市の旧近藤邸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早七草粥で一週間、私も同じ1合で炊きました。2人で軽く食べてしまいましたのが、意外と腹持ちが良かったです。この日は地元の句会で早速下手な句を詠みました。「薺打つ茜と藍の空明ける」、七草をとんとんと打ち、土鍋から湯気が立ちのぼる頃東の空から茜さし、藍色に染まり明けてくる、そんな情景を詠んだのですが、我が指導者は男性で「そんなに早く起きるの、七草粥を食べるの」とのたまいました。
先生の奥さまが学者先生で、家庭主婦とほど遠く厨事とは縁が薄いらしく…、だからそのような感想が出てしまうのです。歳時記的な年中行事は家庭から受け継ぐような気がするのですが、日本の伝統もいよいよ怪しくなっていく…、インテリの家族ほど学問追及タイプかしらとおもうできごとでありました。

楽居庵様コメントありがとう。女性も働くようになるといろいろな行事はカットされていきますね。3世代くらいが一緒に生活していると大丈夫でしょうけど、核家族が多くなれば年中行事は消えて行くでしょう。私も仕事をしているときは日曜日に七草粥にしたり・・・結構自分の都合にあわせました。鑑開きなんて言うのもほとんど消えたみたいではありませんか。第一お餅をあまり食べなくなりました。バレンタインなんてすごく騒ぎますが・・・俳句を理解するのに解説が必要な時代ですね。でも、だからこそ俳句や短歌が必要なのかもしれないです。天皇が歌会始をする国ですもの大切にしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/58902633

この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥:

« 2014年の始まりに・・・ | トップページ | 藤沢市の旧近藤邸 »