無料ブログはココログ

« 東京駅、京橋から銀座そして新橋まで歩いた・・・ | トップページ | 美術館で小室等コンサート »

2013年12月 1日 (日)

北坂伸子先生の韓国料理教室(特別講座ポッサムキムチ)

今月は特別講座「ポッサムキムチ」のために2回目の教室。白菜で包むキムチ。ポッサムとは韓国語で包むという意味。中にはイカや牡蠣も入れるので王様のキムチといわれる。唐辛子はたくさん入っていない。ニンニクは入らない。だから作ったら早めにいただくキムチ。

花梨がたくさん。何になさるのかな?お酒につける?ジャム?でもその隣のザルに目が行く・・・韓国のものかな?

20131127_002

器に白菜を3枚敷いて、キムチの材料を入れ、一枚づつ白菜で包み丸く仕上げる。

20131127_006
お持ち帰り用に容器に入れたところ。手に手袋をして作業したので、カメラ撮影が下手なうえにさらにぎこちなくなり、ほとんど写真はだめだった。
20131127_007
キムチの材料

20131127_004
白菜(あらかじめ塩を振って1日くらい置いたもの)、大根(塩をして一日置く)、梨、セリの軸の部分、高菜を刻んで入れる。リンゴはきざんで入れたものと擂って入れたものあり(多分。分業だったのでちょっと見損なった)。粉トウガラシや砂糖など調味料をいれる。唐辛子牡蠣とイカを入れたらあまり強く混ぜないこと。白菜の中にこれらを入れたら、松のみ、栗、棗、きくらげ、刻み唐辛しなどを飾り、包む。

20131127_005
食べごろは2,3日後。牡蠣など入っているので早めに食べきるようにする。このキムチは辛くなく、酸っぱくもない。サラダのような感じ。

以前作って置いたナツメ酒がいい色になってきた。今日は生活クラブで注文しておいた玄米焼酎が届いたので新たにまた作った。

20131127_001
そばに置いたのはトキという青森のリンゴ。

20131127_003
よく漬かってきれいな色になったのは今週末にカスヤの森現代美術館で開かれる会員限定イベントの手土産にするつもり。若江さんは喜んでくれるだろうか。

« 東京駅、京橋から銀座そして新橋まで歩いた・・・ | トップページ | 美術館で小室等コンサート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/58658108

この記事へのトラックバック一覧です: 北坂伸子先生の韓国料理教室(特別講座ポッサムキムチ):

« 東京駅、京橋から銀座そして新橋まで歩いた・・・ | トップページ | 美術館で小室等コンサート »