無料ブログはココログ

« 森村泰昌展ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る | トップページ | 井戸茶碗でたのしむ茶席(根津美術館) »

2013年11月23日 (土)

大坊珈琲店と蔦サロン

建物老朽化に伴う工事のために南青山の大坊珈琲店が年内で閉店するという雑誌記事を読み、とても残念な気持ちになったが、あの雰囲気とおいしいコーヒーを楽しみたくて久しぶりにおじゃました。ビルの急な階段を上がるとこの看板。お花も素敵でした。

20131121_002
20131121_001

30gのブレンドコーヒーをいただいた。カウンターの一番奥の席。大坊さんが焙煎しているすぐそばだった。香ばしい香りを全身に浴びて気持ちの良いひと時でだった。

一つ行きたいギャラリーがあったのだが、なんと開店時間がすごく遅いことがわかりちょっとがっかりしたが大坊さんのところにあった展覧会案内のはがきを見ていたら、蔦サロンで山本安朗さんが生け花とのコラボ展をしていることがわかり、すぐに蔦サロンに行き先を変更。

20131121_003
先月は北坂先生の書道展でお邪魔したけれどまた山田守自邸を見学できる機会なのでうれしかった。山本安朗さんは以前から存じ上げていたが初めてちゃんと挨拶した。

なんと彼は東海大学の卒業生で蔦サロンではすでに15回目の展覧会だそうだ。お嬢様も東海大の4年生。陸上の選手だそうだ。

秦野市のご出身で今は松田町に工房があるらしい。茶杓の海田さんとも親しいのでなんどか作品は拝見したことがある。南蛮焼〆のような作品で、小山富士夫先生に憧れていたそうだ。

大きなつぼに生け花のインスタレーションが見事だった。北坂先生の時とはまた違った部屋の使い方なのでうろうろとくまなくお部屋を見学しながら山本さんと東海大の湘南校舎の思い出話などして楽しかった。

山本さんは北坂先生を間接的に知っているというお話も出て大坊さんでもらったはがきから思わぬ交流の輪が広がった。そしてまた・・・なんと来月の山本安朗さんの展覧会は私も一度お目にかかったことがある生け花の先生で帯アートの作家でもある山本さんと茅ヶ崎の「一閑」さんで行われるとわかりさらに輪が大きくなりました。

茅ヶ崎の「一閑」さんも素敵な空間なのでどのような世界が展開されるのか楽しみ。「一閑」の奥様にお目にかかれるのも久しぶりなので行ってみようか・・・・

« 森村泰昌展ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る | トップページ | 井戸茶碗でたのしむ茶席(根津美術館) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/58623427

この記事へのトラックバック一覧です: 大坊珈琲店と蔦サロン:

« 森村泰昌展ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る | トップページ | 井戸茶碗でたのしむ茶席(根津美術館) »