無料ブログはココログ

« 「世界工芸コンペティション2013」で中川さんが大賞を受賞 | トップページ | ニューヨーク・シティ・バレエ2013 »

2013年10月27日 (日)

2013年10月19日観月茶会

小田原の松永記念館で観月茶会が開催された。雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気。

なんとカメラの電池がなくなっていた。携帯で撮りましたが上手に撮れません。何せ暗くしているから・・・

2013810_016
井上愛仁(いのうえなるひと)さんのガラスのホヤ「ヒノコオリ」を撮るためさらに暗くしたら・・・花は上の方に柿を一つ(残念ながらこの写真には入っていない。)、下の方にはセイヨウオトギリソウの照葉。花入れは日本の抱き枕を見たてた。

2013810_020
ヒノコオリの中のろうそくは溶けてたまると壁にガラスの影を映し出しとてもきれいだった。

お客様から柿が月にも見立てられますねとやさしいお言葉が・・・・ちょっとうれしかった。

足元が悪い中大勢のお客様がお見えになった。8時に終了を迎えたころに月が出ていた。

なんと、欠庵会は11月に観楓茶会を、12月に納会をと毎月茶会をするらしい。しかし、松永記念館が12月から来年3月まで改修工事を行うため使えない。会場探しが大変なことでしょう。

« 「世界工芸コンペティション2013」で中川さんが大賞を受賞 | トップページ | ニューヨーク・シティ・バレエ2013 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

観月茶会は残念ながら欠席でしたが、ガラスのホヤ「ヒノコオリ」はやはりその場で体験したかったです。
お疲れさまでした、きっと皆さま楽しんで帰られたことでしょう。

楽居庵様コメントありがとうございます。ヒノコオリの作家が友人と来てくれました。夜のお茶会に興味をもたれたようです。一緒に来られた方は鎌倉在住でおとこの人にももっと着物を着てほしいという運動をしているそうで茶の湯の稽古を半年前から始めたそうです。ガラス作家も触発?されたのかお茶のお稽古始めたいといってました。この作品を畳の上に置くとは思っていなかったとびっくりしていました。作家は来月目白で個展を開催。秋の夜長夕方から訪れればきっと灯りがきれいだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/58428220

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年10月19日観月茶会:

« 「世界工芸コンペティション2013」で中川さんが大賞を受賞 | トップページ | ニューヨーク・シティ・バレエ2013 »