無料ブログはココログ

« 「東山旧岸邸」見学 | トップページ | 「街の記憶 写真と現代美術でたどるヨコスカ展」 »

2013年7月 1日 (月)

伊集院真理子展

麻布十番ギャラリーで(2013.6.26-7.8まで開催)我が町にアトリエのある陶芸家伊集院真理子さんの展覧会が開かれていて、そのオープニングパーテイに行った。実は一週間前に小田原「うつわ菜の花」で行われた陶芸家細川護光さんのオープニングパーテイでお会いしたとき是非来てほしいと誘われた。夜の外出は母がいるので控えていたがせっかくのおさそいだし、「菜の花」以外の展覧会には最近行ってなかったので思い切って出かけた。

会場は伊集院さんの幅広い交際が伺えるにぎやかな雰囲気が充満していた。

たくさんの作品の中でも会場の真ん中にデ~ンと置かれたオブジェ「陰陽の調べⅡ」が圧倒的な存在感を放っていた。

それぞれのブロックには落しが入っていて花を生けることが出来る。ミモザがいまごろ咲いているの?って伺ったらこの時期に咲くミモザなんですとのこと。葉っぱも少し違う感じ。これは表側。

2013630_009
裏側。逆光なので色が違って見える。

2013630_008_2


パーテイのお料理もいっぱいあったのだがこのボケたのだけがUP出来た。一番奥にある赤いものはスモモ。山梨からもぎたてを持ってきてくださったとか。すごーく甘くてびっくり。おそらく日本に1本だけの木で大木とのこと。なっているところを見たいものである。さぞ、立派なことであろう。
201361627_016

会場には華やかな色彩の伊集院さんの土鍋がたくさん!
2013630_010

« 「東山旧岸邸」見学 | トップページ | 「街の記憶 写真と現代美術でたどるヨコスカ展」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/57689208

この記事へのトラックバック一覧です: 伊集院真理子展:

« 「東山旧岸邸」見学 | トップページ | 「街の記憶 写真と現代美術でたどるヨコスカ展」 »