無料ブログはココログ

« 生誕100年松田正平展 | トップページ | クラフト展とイタリアンブッフェランチ »

2013年7月15日 (月)

北坂伸子先生の韓国料理教室16回目

7月のレッスンは生徒からの希望が多かった「カムジャタン」でした。豚のスペアリブとジャガイモの煮込み料理?

スープをきれいに採る本来の、昔からの作り方による「ジャガイモのスープ煮」を教えていただいた。ですから地元の韓国料理屋さんで食べたものとはだいぶ違っていた。

普通食堂ではなべごと出てくるが、先生はこんな器にきれいに盛ってくださいました。家庭のおかずもおもてなし料理に変身。エゴマの葉をトッピングするのが本来の姿とか。擂ったエゴマも振りかける。

2013711_002
副菜。食堂では一人づつ小皿で供されますが先生は各自が取るスタイルで。

かえりちりめんとシシトウの炒めもの。ズッキーニのいためもの(アミ塩のみで味付け)。キュウリの和え物(お酢入りコチュジャンで味付け)。キャベツとエゴマの水キムチ。大根キムチ。

2013711_001
そしてデザート。

2013711_003
白玉団子、ブルーベリー、ヤマモモの甘煮、ラズベリーが入った花菜(ファチェ)。

« 生誕100年松田正平展 | トップページ | クラフト展とイタリアンブッフェランチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

tawarayaさん おはようございます
朝飯前にブログを見ましたので、つばが出そうな位美味しそう!
韓国の家庭料理は貴重な映像、
そういえば昔仕事で知り合いになった韓国人の女性が確か事務所で振る舞ってくださったのですが、料理内容もすっかり忘れてしまいましたが(何しろ45年くらい前なので)、覚えているのは松の実をふんだんに使っていたことくらい、そこで松の実を初めて食しました。
明日より29日までスイス、フランスアルプスのハイキングの旅です。美味しいものに出会えるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/57790363

この記事へのトラックバック一覧です: 北坂伸子先生の韓国料理教室16回目:

« 生誕100年松田正平展 | トップページ | クラフト展とイタリアンブッフェランチ »