無料ブログはココログ

« 船の見学と船旅の説明会(ぱしふぃっくびーなす) | トップページ | 「惜櫟荘だより」を読む »

2013年6月12日 (水)

梅の実の熟するころ(林芙美子記念館など)

公園の梅が黄色く熟れていた。ヒルガオもキョウチクトウも咲いていた。

2013610_001

201367_005


2013610_004_2
このごろザクロの木を見ることはあまりない。大きな木があるお家は少なくなった。このザクロの花は新宿区にある「林芙美子記念館」の裏庭にあった。

2013610_005
林芙美子記念館は3回目くらいだが、いつ来てもこの住宅は素敵だなと思う。実が生るころにも来てみたい。

東西線の落合駅から近いところにお茶室をお持ちの方が茶会を開いた。学生や一般の方々に気軽に茶の湯に親しんでもらいたいという趣旨のようで、御亭主の母校慶応大学の学生たちがお手伝いをしていた。

西武線や大江戸線の中井駅からも近いのでご一緒した方が林芙美子記念館にしばらくぶりに行ってみたいとおっしゃったので初めて行く方々とともに行ってみた。

この辺りは目白文化人村の端っこになるところで、かつては素敵な洋館などが立ち並び(戦火に逢わなかったため)とても素敵な場所だったけれど、さすがに代替わりとかいろいろあったんでしょう、新しい家に代わっているところが多かった。

そんな中、この家は相変わらず、素敵なたたずまいだった。普段は外からしか拝見できないが、6月末には内部見学もできる日がある。あらかじめ申し込みをするのだが、抽選かもしれない。中から拝見したらまた違った視点があることだろう。

裏にはバラ園があったそうで、芙美子の夫、緑敏の画材になっていたようだし、たしか、梅原龍三郎もここのバラを画材にしたと聞いたことがある。その名残りをとどめるためか裏の小高い庭にはバラが数本植えてあった。

「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」林芙美子(1903-51)

« 船の見学と船旅の説明会(ぱしふぃっくびーなす) | トップページ | 「惜櫟荘だより」を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

”梅の実の熟するころ”の言葉が詩的でいいですね。
ザクロも先日上州榛名に行ったのですが、農家の庭先に咲いていたり、ぐみの実も赤く熟れていたり、茗荷が収穫を待っていたり、更紗空木が咲いていたり、この季節の庭先は魅力的ですね。

梅雨がやって来たのかと思ったら台風?の影響見たいですね。でもありがたい雨できっとユスラウメとかグミが宝石のように輝いていることでしょう!
耳庵は今はない小田原の茶室に「黄梅庵」と名付けたのできっと梅を愛でていたのだろうとこの季節になると(命日でもあるけれど)黄色い梅を確認します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/57569702

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の実の熟するころ(林芙美子記念館など):

« 船の見学と船旅の説明会(ぱしふぃっくびーなす) | トップページ | 「惜櫟荘だより」を読む »