無料ブログはココログ

« 初夏の庭で・・ | トップページ | インドの細密画と染織の美 »

2013年4月29日 (月)

イ・ソユン韓服ファッションショー

韓国歴史ドラマや映画の衣装を作ったり、装身具をデザインされている韓服デザイナー「イ・ソユン」さんのファッションショーが四谷三丁目韓国文化院で開催されました。韓国文化院のイベント申し込みをしたところ当選しました。

イ・ソユンさんに初めて会ったのはおととし、小田原のギャラリー「うつわ菜の花」の「伊集院真理子展」のイベントでした。このときは伊集院さんとも交流のある舞踊家「趙寿玉(チョウ・スオク)」さんの舞踊が披露されました。その伴奏の一人に加わって、見事な美声も披露してくださいました。特にこちらから挨拶したわけではないのでご本人は私のことを知らないけれどスオクさんの衣装が余りに素敵だったので伺ったら彼がデザインしたと聞いて一遍でファンになりました。

スオクさんの舞踊の会の衣装も担当され昨年のステージでは素晴らしい色彩の舞台を拝見することが出来ました。

今回は韓国文化院で開催されている「イ・ソユン韓服展」のイベントとして行われました。

韓服・・・以前茶の湯文化学会で韓国へ行った時、大会の準備をなさった韓国人で日本の大学の大学院生から「チマ・チョゴリといういいかたは好まない。ハンボック(韓服)と言ってください。」と言われました。それから気をつけてハンボックというようにしています。この表現が広まるといいです。チマはスカート、チョゴリは上着部分の名称のようです。

会場は新しい韓服、時代物の韓服でデスプレイされきれいだった。

2013428_010
ファッションショーでは趙寿玉さんの舞踊も披露された。屏風と本棚が飾られ、韓服がデスプレイされて、きれいだった。
2013428_001
下の写真の身ごろの部分は紙で出来ている。古いもの。まるでレースのよう。
2013428_003

王朝時代の宮殿へ上ることのできる身分の男性が着たものと靴。

2013428_007
王朝時代、行事の時に女性が着た韓服。

2013428_008
左下の飾りは恐らく髪飾り。

ファッションショーはすばらしかったのですが写真撮影は禁止。イ・ソユンssi自らも舞を披露された。

2013428_005
来場者はお気に入りの韓服の前で撮影。どれもこれも美しい。今回のショウーでは男性モデルも登場。おそらく時代が王朝時代なら身分のある方の装いになるのであろう男性用韓服は直線の美しいものだった。実はここに来る前に「インドの細密画と染織の美」展へ行って描かれたインドの衣装を見て来たのだが、なんとなく朝鮮の衣装と共通するものがあると感じた。特に男性用コートはすごく似ていると思う。あるいはイ・ソユンさんがインドの影響を受けたのだろうか?

ショーの最後は婚礼衣装。豪華なものがたくさん。そして本当に最後は趙寿玉さんが白い大きな髪飾りをつけて真っ白な衣装で現れた!すご~く美しい!!

約一時間のイベントだったけれど充実した内容でよかった。

« 初夏の庭で・・ | トップページ | インドの細密画と染織の美 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/57270194

この記事へのトラックバック一覧です: イ・ソユン韓服ファッションショー:

« 初夏の庭で・・ | トップページ | インドの細密画と染織の美 »