無料ブログはココログ

« 映画「八月の鯨」 | トップページ | 浮世絵師水野年方 »

2013年2月25日 (月)

大室桃生と藤田夢香の展覧会

春のきれいなガラスの器で彩られた案内状は伊勢丹新宿店本会5階ベル=エクランの「大室桃生 春いろのガラス展」。(2/27-3/5)

そしてなんだかちょっとわからない写真のハガキは藤田夢香の不忍画廊で開催される「ーひかりとことばのインスタレーションーYUMEKA FUJITA-portraito-向こう側のあなた」(3/1-3/23)

の案内状だった。

どちらもそれぞれの美しさがある。

若い作家の展覧会はエネルギーにあふれ、希望にあふれていてまぶしい。元気をもらいに行ってみようかな?

2013310_027_2

春いろの洋服は持っていたかしら?とクローゼットを開けてみる。靴くらい新しいものにしようかしら?なんて考えたりして。

映画「八月の鯨」のリビー、セーラ姉妹のように・・・自宅のディナーでさえも着替えるのだから・・・

旧暦でお正月を迎えると日差しが全く変わっていることに気づくといった人がいるが小正月も終わりました。やっぱり春ですね!チューリップの芽もだいぶ大きくなりました。

« 映画「八月の鯨」 | トップページ | 浮世絵師水野年方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

春いろの洋服、靴、着替え…私も気持ちも衣替えしなくては

長い冬が続いたせいか(北海道はいまだ吹雪でいまだ冬ですが)
ベランダの一株のパンジー、なでしこ、スミレがみるみるひろがってきた今日この頃に驚いています。

楽居庵様。今年は寒くて春の訪れが待ち遠しいですが、ちゃんと植物達は春を知らせてくれますね。北海道の吹雪はお気の毒なことでした。関東地方の幸せを大切にしたいです。中村苑子さんの俳句を一つ。「春小袖生きてゐる間の紐の数」俳句にはめづらしい幻想世界を詠んで第一人者だった方だそうです。チューリップの芽に喜びを感じながら・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563570/56838249

この記事へのトラックバック一覧です: 大室桃生と藤田夢香の展覧会:

« 映画「八月の鯨」 | トップページ | 浮世絵師水野年方 »